もらった図書カードは、何に使おう

大学の資料請求をすると500円分の図書カードがもらえるが、何に使おう。たくさんの本を購入できれば何も考えずに興味のある本を適当に買うのだが、500円だと自分でもお金を払わないと本が購入できないので。

でもそれって逆にいいことかなと。だって、500円はもらった図書カードだけで、それ以外に、自分でもお金を払う必要があるから、どの本を購入するべきか考えるので。逆に、タダでもらえる場合、何も考えずに購入するだろうから、いいことだと思います。

そういった意味で、自分のお金を使って何かを買うことって大切だなと。お金がいっぱいあれば、何も考えないけど、これからお金を増やしていく場合は、大胆にお金を使う場合でも、ある程度、考えて購入するほうがいいかなと。

本を購入する場合は目的があって買うわけだから、その目的にピッタリの本はなんだろうと。

大学の資料請求で図書カードをくれるサイトはたくさんあるので、全部を短期間で利用し、図書カードを何枚か手に入れてもいいけど、使うとしたら、図書カードと自分のお金の組み合わせで購入したほうが、よりよい本を購入できるかなと。

大学の資料請求で複数のサイトを利用するのって、結構、頭使っているよね。

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ